« 茶道内弟子修業日記「大掃除2」 | トップページ | 霊と対面!? »

お寺で風邪をひいてはいけない!

(風邪だ。。。)

メイは、冬になると必ず風邪をひく。

悪寒がして、手足がだるくなり、熱が出てきたようだ。

和尚様に言う。

「熱があるみたいなので・・・」

”寝てなさい”と言われるナと、思いながら。

しかし!

まったく予想外の言葉が返ってきた。

「無視しなさい」

(は?)

だるいとか、熱っぽいとか、考えるからいけない、知識を働かせるな!と言われた。

それだけだった。

大丈夫か?という心配もなし。。。ですか?

しかも、無視しろって?!

(あぁ・・すでに気持ちさえ悪くなってきたんですけど・・・)

熱があったら「寝る」くらいは馬鹿でもわかる。

そんな考えでも「知識」なの???

メイは、最初から今日の掃除を放棄し、部屋で寝ていようと思っていたのに・・・

(それが知恵なのか?)、

仕方なく、目の前の雑巾を絞り、冷蔵庫を拭き始めた。

上から下を拭いていくに従い、吐き気がおそう。

(確か、無視しろって言ってたよね)

襲いかかる吐き気と戦いながら、メイは急にふっきった。

こうなったら!

妙な意地を張って、ぶっ倒れるまで、こみ上げてくる吐き気を「無視」しようと努力した。

いつもだったら、

~ヤバイ、ここで寝てないと悪化する~などと、まえまえからの知識を巡らせて、すぐに横になっておく。

母がいれば、すぐに病院に連れて行ってくれ、いたれりつくせりの介抱してくれる。

でも、ここでは、「無視」なのだ。

体節々痛むけど無視。

風邪悪化する、、、とか考えない!

とにかく床を雑巾がけだ!

うっ、き、気持ち悪い・・・

いや、無視だ、無視!

無視と不安との戦いだった。

体が時々ふらふらして言うことをきかなかったが、なんとか右へ左へと雑巾を動かす。

もう、こうなったら、やけくそ。

ここで倒れちゃいけないとかいうことも無視だ。

重要文化財の襖絵を破って倒れようが、もうそれでもいい!

「フラフラ」する自分も無視することにした。

しかし、一日が終わるまで、なんとかメイは倒れなかった。

人間は結構いけるものである。

いつもの時間に床につく。

その途端!

う~~っとこみ上げてくるものを感じ、そのままトイレに直行!

逆流する胃の消化物にトイレから一晩ほとんど出れず、結局あんなに横になりたいという思いは、結果的に「無視された」

あんなに吐きまくったことはなかった。

しかも、あんなに具合悪いのに、ほっとかれたこともなかった。

でも、不思議と、気持ちは晴れ晴れしていた。

いつもだったら、ちょっとだるくなると、大事をとって寝てたし、

(熱が出るな)

→熱が出たら、具合悪くなるな

→今日の夜は最悪だな

→明日も長引いたらどうしよう

うう、くるしい、早くよくならないかな、くるしいなあ、、、

とグルグル考えていく。

しかし、今日は、苦しいのを無視して、とにかくその場の掃除に集中しようと一生懸命だった。

はくときも、「はきそう」「はきたくない」「がまんしよう」「くるしい」とうい思いはなくて、もうどうしようもなかったので、思い切り出した。

そのことしか考えられないくらい(限界超えてたようだ)。

なんか、すっきりした。

次の日は、結局起き上がれなかった。

だから寝てたんだけど、

本当に起き上がれないから寝てるしかないわけで。

しかも、ほっとかれるわけで、

それで、仕方ないので一生懸命、一人で寝ているしかなかった。

お寺では、寝てる人は、「一日働かざれば食うべからず」で、面倒はみてくれない。

夕方になって、京子さんが仕事を終えて戻ってきて覗いてくれた。

「み、水・・・」

なんてありがたい、命の水だぁ。

京子さんの差し入れをがつがつ食べて、もういつもの寝る時間になっていた。

明日は起きれたら、また掃除だ。

起きれなかったら、寝てるしかないわけで、、、

そう思って布団をかぶったメイは、はっと気がついた。

(そうか!)

「熱があるんですけど・・・」

そんな気持ちで生きてちゃ、その時々を一生懸命生きてることにならないんだ。

一晩苦しんでみて、やっと和尚様が言われたことがわかった気がした。

それは、きっと、一晩中のたうちまわらなければわからなかったことなのだ。

そんな風に言葉だけでは理解できない、体で納得するしかない瞬間というのがお寺にはあった。

明日もきっとお寺では、寒いのでやめておけばいいのに、朝起きたらすぐに戸を全部開け放つだろう。

起きたら戸を全部あける、というのがとにかく毎日の朝一の仕事なのだ。

寒いからやめたらとかそんな賢い知識を働かせる人がいないのだ。

開けるときは開ける、寒くなったら「さむいね」と思うだけなのだ。

なんて言ったらいいんだ、こういうの。

たぶん、言葉では言えない。

|

« 茶道内弟子修業日記「大掃除2」 | トップページ | 霊と対面!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茶道内弟子修業日記「大掃除2」 | トップページ | 霊と対面!? »