« わびって? | トップページ | 茶道内弟子修業日記「大掃除2」 »

茶道内弟子修業日記「大掃除1」

茶道内弟子修業日記「大掃除1」

年末になり、大掃除である。

(お寺の大掃除って?)

毎日毎日あきるほど掃除してるのに、さらに掃除するところあるんだろうか。

あるのだ。

手拭いで頭を巻き、もう一枚でマスクのように口を覆って本堂に向かう。

天井のすす払いである。

埃が舞い、大騒動のような雰囲気が楽しそうに見える。

和尚様は、何か自分が迷った時は、必ず雑巾を取る、というお話をされたことがある。

床を磨くのではない、

自分の心を清めるのだ。

そう一度言われたこともあった。

その時は、メイはよくわからなかった。

3時のお茶休憩の時間に、年末年始は豪華船でクルーズで何もしない旅、というニュースがテレビで放映されているのを見て、

「和尚が行ったら、我慢しきれず次の日からデッキを一人で掃除してそうやな」

次男の清さんが言うとみんなが笑った。

僧堂(修行道場)では、1日から1週間、凍てつく道場の中、「臘八摂心(ろうはつせっしん)」というぶっ続けの坐禅三昧の修行に身を置く。お釈迦さまが坐禅修業を通じて8日目に悟られた歩みをなぞらえるのである。

それが終わると、少しだけお休みをもらう。

長男も次男も僧堂から戻り、束の間、実家の御寺のお仕事に就いていた。

「どんなことしたの?」

掃除の合間に長男さんに聞いてみる。

「うーん、いろいろやな。たとえば、、、老師に目の前でパンッと両手をはたかれて、坐禅をしながらこれについて考えろって」

「両手をパンッ?」

「そう」

「さっぱり意味わからない・・・」

「そうやな・・・それがわかるまで坐って、答えが出たら老師の元に走ってくんや」

(両手をパンッ?)

「わかったっんですか?」

「まあ、今はいろいろな参考書があるからな」

(「両手でパンッ」の参考書があるの??勉強法があるの?)

ますますわからない。

「『公案集』ちゅうて、昔の人のこんな話をまとめた教科書があるんよ。

読みたかったら、裏の本棚にあるで、

そこ掃除したらええ」ということになり、禅の本ばっかり並んでる本棚の掃除を(読むんじゃなくって?)仰せつかった。

|

« わびって? | トップページ | 茶道内弟子修業日記「大掃除2」 »