« 花月の巻2 | トップページ | 花月その4 »

花月 その3

花月では、札を使う。

5人なら5つの札を使う。

それをみんなでくじ引きみたいに引くのだ。

中に花と月が書いてある札が1つずつあって、

花があたるとお点前、

月があたるとお茶を飲む。

当たらない人は、次回のくじびきに掛ける、という流れだ。

札を進めるには、畳目3目、

止めるためには5目、

など、無言のため、ルールが決まってて、

それを頼りに全員が動くのだ。

一人目の花が当たった人がお点前をする。

お茶を点てる前に、客座に座っている人が、

札を回しはじめ、

お茶が点ったとたん!に、

一斉に裏になってる札をひっくり返して、

誰が「花」か誰が「月」か見るのだ。

お茶が出てからでないと、

誰が飲むのかもわからない。

だから、先がわかってて、安穏としている隙間がなく、

それぞれがその場の作業に集中しなくてはならない。

・・・本当は、花月でなくても、いつものお茶席でもそういうことなんだが・・・なかなか先がわかってると気を抜くもんなんだ。

(あっ、お茶が点った!)

札を見る!

「つ・月!」

メイは、思わず声を上げた。

そう、月の人と、花の人は、無言といえども、名乗らなくてはならない。これだけは発声するのだ。

(と、取りに行かなきゃ)

ぼーっとしている間はない。

周りを止めちゃいけない!と昔の先生に何度も怒られてた教訓を生かし、

茶を取りに出た。

月が当たった人はお茶を飲むのが役割なんだ。

御茶が飲めてよかった、という気持ちも持てやしない。

ただただ義務的に飲んだ。

すると、隣から札を入れておく箱が回ってきた。

(ど、どうするの?)

メイは茶碗を持ったまま、きょろきょろと箱と茶碗と内弟子の先生、隣の人に、訴えるような眼で見まわした。

(つづく)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ

|

« 花月の巻2 | トップページ | 花月その4 »