« 茶杓は打つんじゃない? | トップページ | 茶筅で「の」の字を書くのもなし? »

柄杓は「構えるんじゃない」って?

なんだろう・・・

この内弟子先生は、

私たちの心にずんと響く言葉を

きちんと選んで伝えてくださる。

たぶん、それもこの先生のお茶なんだ。

だからズンと深いところにくるんだ。

「はい、ここで柄杓を構えて」

そう静岡の先生に教わってきたし、

教科書にもそうやって書いてあった。

でも、内弟子先生はその言葉を特に使わない。

(メイがきちんと先生の言われたことを理解できているかどうかはわからないが)

たぶん、こういうことを伝えようとしてくださっていた。

利休以前に一般的だった「台子」での点前では、

柄杓はちゃんと「柄杓立」という置き場所に置かれていた。

でも、利休周辺から柄杓立などもなくし、

できるだけ最小限の道具で茶を点てる工夫をしはじめ、

今はそれを私たちが習っている。

だから、柄杓を置いておくことができない時、

手に持っていないとならない。

左手に持たせるのだが、

左手がしっかりと柄杓を持ち固めるまで、

右手を添えて持つのである。

柄杓立にあったように立てて左手に持たせるのだが、

その形が「構える」という便宜的な言葉で使われているのだ。

しかし、「構える」と言われると、なんかポーズみたいだった。

先生が柄杓の扱われ方の歴史から、

なぜ、両手でこんな風に持つのか、

御話してくださったので、

メイは本当の意味で「構える」ということがわかった。

先生はメイがポーズみたいに構えてたので、

わざと、「構える」って言葉を避けたのかもしれない。

人に何かを教えるって、言葉を選ぶのはすごく重要なんだと思った。

それに、その人が使う言葉は、

その人の茶道観を表すものでもあるんだ。

左手でしっかり持たせ、位置を決め、

その後、右手で他のものを扱う必要があるからなんだ。

左手が柄杓立の代わりだったんだ。

ここでも、ガーンだった。

だって、利休さんやその師匠たちが、

柄杓立をなくしたその心まで今日のメイは左手にずしんと感じているからだ。

なんだ、点前が本当に面白くなってきた。

(教科書だけじゃ、だめなんだ)

人から人へ伝えるってことってすごいことなんだ。

でも、こんなショックはまだまだこれだけじゃない。

(つづく)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ

読み終わったら、ブログ村もクリックくださいね。

|

« 茶杓は打つんじゃない? | トップページ | 茶筅で「の」の字を書くのもなし? »